/*google アドセンス*/

日陰を明るくしてくれる 初心者向けのつるバラ Rギスレーヌ ドゥ フェリゴンド(Ghislaine de Féligonde)の育て方

2020-11-04HMult,Old,Rambler,バラ,植物オレンジ

日当たりが悪くても育ちのいいバラ「Rギスレーヌ ドゥ フェリゴンド(Ghislaine de Féligonde)」の基本情報と、
我が家での経験を生かした育て方と情報をご紹介します(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾ペコ

ギスレーヌドゥフェリゴンド
ギスレーヌドゥフェリゴンド

Rギスレーヌ ドゥ フェリゴンドは、2017年冬にお迎えしました。この子の作出者は、Rヴァイオレットと同じ方です。花の雰囲気や枝ぶりが私好みなのかもしれません。作出者が同じだと知ったのは、つい最近ですが(*ฅ́˘ฅ̀*) .。.:*♡
咲き始めは、オレンジシャーベットの様な色から始まり、白に退色していきます。ランブラーなので、ある程度日陰に耐えお花をつけてくれますので、お庭をパッと明るくしてくれます。

スポンサーリンク

Rギスレーヌドゥフェリゴンドの基本情報

ギスレーヌドゥフェリゴンド
ギスレーヌドゥフェリゴンド
作出 1921年 フランス 系統 Rランブラー(Polポリアンサ)
Eugène Turbat & Compagnie 交配 Veilchenblauの実生
花形 丸弁咲き 花径 小輪(2~3cm位)
芳香 微香 開花 弱い返り咲き
伸長 5m(樹高2m位) 花色 オレンジから白へ退色
耐陰性 普通 耐暑/耐寒 強い/強い
黒星病 普通 うどんこ病 強い

Rギスレーヌドゥフェリゴンドの特徴

Rギスレーヌドゥフェリゴンドは返り咲きする?

ギスレーヌドゥフェリゴンド
ギスレーヌドゥフェリゴンド

Rギスレーヌ ドゥ フェリゴンドを販売しているお店のほとんどは、返り咲き品種としています。実際に、返り咲きしているところも見たことがありますが、我が家では、まだ一度も見たことがありません。3年ほど育てていますので、そろそろ見れてもいいのでは?と思っていますが…。Rギスレーヌ ドゥ フェリゴンドの親であるゴールドフィンチが一季咲きのようなので、もしかしたら返り咲きしにくいバラなのかもしれません。

ランブラーなので明るい日陰にもお勧めです

ギスレーヌドゥフェリゴンド
ギスレーヌドゥフェリゴンド

Rギスレーヌ ドゥ フェリゴンドはランブラーなので、日陰にもわりと強い傾向があります。我が家でも冬はほぼ日が当たらないような壁面に誘引しています。それでも、春になれば咲いてくれるので、ありがたい限りです。

実際にRギスレーヌドゥフェリゴンドを育ててみた感想

Rギスレーヌドゥフェリゴンドの植え付け場所

ギスレーヌドゥフェリゴンド
ギスレーヌドゥフェリゴンド

先ほどの通り、南東の壁面に誘引していますが、南東には隣家がそびえたっていますので、秋から冬は半日も陽が入らず、冬至の頃はほぼ日陰です。株元は万年日陰の少し軒下になっている場所に植えられています。

Rギスレーヌドゥフェリゴンドの誘引ビフォーアフター

誘引と花期(2019年春)

誘因
左側 ギスレーヌドゥフェリゴンド
誘因

あまりいいショットが無く、しかも試行錯誤を重ねてばかりの誘引です。ステムが少し長いのでなるべく低めに誘引したいのですが、コデマリの枝があり、私の入る隙間が・・・(;・∀・)ランブラーなので横になりたいかもな~なんて思いながら、いつも5分くらいで適当にワイヤーに括り付けて終わりになってしまいます^^;

Rギスレーヌドゥフェリゴンドの枝ぶり

トゲがあまりないのが特徴です。枝も扱いやすく、ランブラーのわりにクネクネせずに、すこし張りのあるシュートが出ます。伸長力もあり、安心して育てられるつるバラだと思います。

Rギスレーヌドゥフェリゴンドの花

ギスレーヌドゥフェリゴンド とロマンチカ
ギスレーヌドゥフェリゴンド とロマンチカ

中輪と表記がありますが、中の中でも小の部類かな?と感じています。ポールズヒマラヤンムスクより少し大きいくらいの花の大きさです。Rギスレーヌ ドゥ フェリゴンドの特徴はなんといっても花色だと思います。アイス屋さんに並んでいるオレンジシャーベットの色から白へと退色していく過程がとても素敵です。香りは微香ですが、花数が集まると香りが漂います。

Rギスレーヌドゥフェリゴンドの病気と虫

ギスレーヌドゥフェリゴンド
ギスレーヌドゥフェリゴンド

残念ながら、マメコガネが大好きな色のようです。花が開き始める瞬間から食べられてしまいます。この壁には、つるバラ系が5本並んでいますが、とにかく一番始めに狙われるようです。隣の赤バラのアンクルウォルターには、見向きもしないから不思議です。病気は普通といったところでしょうか?無農薬の状態で、梅雨半ばまでは黒星病にも、うどんこ病にもかかりませんでした。今年は長かったので、かなり葉を落としましたが、例年通りであれば夏も葉を残すことが出来るバラだと思います。

まとめ

Rギスレーヌ ドゥ フェリゴンドいかがでしたでしょうか?ランブラーは、巨大化してモンスターになってしまうイメージが強いですが、Rギスレーヌ ドゥ フェリゴンドでしたら、とても融通の利くランブラーだと思います。日陰だけどバラを植えてみたいと思ったら、ぜひ候補に入れていただけると嬉しいです。

ギスレーヌドゥフェリゴンド とアンクルウォルター
ギスレーヌドゥフェリゴンド とアンクルウォルター
🌸ブログランキング参加中🌸
応援よろしくお願いします(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾ペコ
ブログランキング・にほんブログ村へ